グラグラの地震予知研究所

地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。そのお手伝いをさせてください。

地震予知 国内M6注意継続中 茨城 震度5弱

time 2020/11/22

地震予知 国内M6注意継続中 茨城 震度5弱

皆様いつも閲覧ありがとうございます(*^-^*)感謝しています。

毎日のデータチェック等 地震予知情報をお届けします。

スポンサーリンク



 

 

●今日のポイント

国内M6~注意 残り5日間

 

●スタンバイしているシグナル

☆トカラ

☆サブシグナル

……対応地震……(電子画像のスタンバイ)

奄美大島M6.3 石垣島M5.5 千葉東方M6.2

鳥島M5.8 茨城M5.6 小笠原M5.5 宮城M6.1 静岡M5.3 八丈島M6.0 小笠原M6.2 青森M5.7 茨城M5.8(5弱)

 

 

●国内シグナル情報

衛星画像は不良反応継続中。こちらはスタンバイ待機。

サブシグナル、電子画像、トカラはスタンバイ継続中です。

国内M6~注意 残り5日間です。

カウント最後まで注意してください。

 

茨城M5.8

来ましたね。

これはサブシグナル、トカラの注意カウントの対応地震です。

本来なら これで解除。安全期間なんですが

今回は

カウントが残り5日間あるのと

例の電子画像のM7注意があります。

北関東は解消傾向ですが

全国的に見ると まだまだ危険極まりない環境となっています。

 

 

●電磁波ブロッキング

反応継続中です。スタンバイしたら北海道~関東M6~シグナルとなります。

【体感情報】

○耳鳴り体感×10回

○頭痛体感×3回

○ボワボワ耳鳴り×1

【対応地震】

茨城M5.8 震度5弱

 

如何でしょう。茨城震度5弱は 体感対応です。

度重なる体感なので 大きいのは感じていましたが、、

なんか物足りない?感じ。

まだ南伊豆スタンバイのが残ってるので

体感は、北関東と南関東の両方を拾っている可能性があります。

もし

北関東だけなら

今回のはM5.8なんで解消していない可能性があります。

本当はM6~M6.5程度のを想定していましたので少し違和感があります。

まだ注意カウントもあるので

もう少し関東M6注意は継続中です。

 

白地図。スタンバイしている地域を画像にしたものです。

水色はM5~M6

ピンクはM6クラス

赤はM7クラスとなっています。

 

 

………国内各地の情報………

●北海道~福島

昨日、お話ししましたが

釧路網走は今日は静寂傾向です。

昨日の活性化からの一点しての静寂なんで

基本的には 動く典型例です。

今回はどうかな、、、

とりあえず東北含め 注意は継続中です。

北海道東部M5~M6注意

宮城~福島M6注意

合同震源地の場合は北海道東部~福島M7注意となります。

 

 

●関東

 

茨城M5.8 震度5弱。

想定内ですが ビックリしました。

現地は夕飯の時間帯の懸念もあり 心配です。

慌てずに対処できてたら 嬉しいのですが、、、

これは体感対応でもあるんですが

ここ最近の 茨城の再発とスタンバイの繰り返しの対応地震だと思います。

少し規模不足が懸念されますが

解消傾向には 違いないと思います。

余震もあるし、カウントもあるので

まだ少し注意は継続中です。

南伊豆、千葉神奈川東京もスタンバイ継続中です。

こちらは北関東の茨城の地震とは別です。

伊豆~小笠原、房総、静岡M5~M6注意は継続中です。

 

 

スポンサーリンク



●関西

兵庫が反応継続中です。

大阪はスタンバイしています。

いつも注意で申し訳ありませんが

注意継続中です。

大阪~和歌山M5

福井M5

兵庫~京都M7注意となります。

 

 

●中部

一部スタンバイ継続中です。

 

 

●東海

一部スタンバイ継続中です。

 

 

●北陸

佐渡周辺M5注意継続中です。

 

 

●中国地方

広島は反応継続中です。スタンバイ待機となります。

 

 

●四国

四国一円スタンバイ継続中です。

四国一円M6注意

合同震源地の場合 四国~宮崎M7注意となります。

 

 

●九州

熊本宮崎 スタンバイ継続中です。

熊本M4

九州南部M6弱注意となります。

スポンサーリンク



Follow me!

プロフィール

無題hinode

管理人のグラグラです。3.11東日本大震災の後、何か自分に出来る事はないのか。。。の思いで地震予知ブログを立ち上げました。ライブドアブログで立ち上げ2016/06/07にこちらに移転しました。ここでは地震予測はもちろん防災の大切さをお伝えしたいと思います。災害に備えて大事な存在を守って下さい。そしてそのお手伝いをさせてください。よろしくお願いいたします。

Twitter でフォロー

カテゴリー


PAGE TOP