グラグラの地震予知研究所

地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。そのお手伝いをさせてください。

地震予知 北海道~東北の状況

time 2019/03/08

地震予知 北海道~東北の状況

皆様いつもありがとうございます。

今回の別記事は北海道~東北の件について書いておきます。

いつもの更新は日本全国の為に やはり1つ1つが手薄な情報になりますので

たまに地域別について記載していこうと思っています。

スポンサーリンク



 

基本的にですね

東日本大震災以降 北海道~東北が落ち着いた事は一度もありません。

地球の時間軸と 人間の時間軸は かなりの差があります。

落ち着くのも何年~何十年かかり、その間に余震があるわけです。

この活性している状態は 東北大震災の巨大余震になるのではないかと思っています。

震災後 活性化しているのは活性化していますが

きちんと反応がでて、きちんと地震発生してるケースも多く、それは少しずつ大きなものが解消しているのだと予想されます。

 

これ見てください。

うちで管理しているデータの地域です。

赤○の地域にデータが1つだっり 三個だったり各地それぞれありますが

基本的にすべてのデータが二年以上活性化を続けています。

 

五年くらい前にも 東北にM8反応がでて、警戒を呼び掛けましたが 結局地震は来ませんでした。

そのデータは東日本大震災を正確に読み取っていたデータで

グラグラも震災前にブログをやっていれば

おそらく東北M8警戒!くらいの情報は出せていました。叶わぬ思いでしたが。

そのデータが大静寂したので警戒だしたのはいいですが 全く地震発生しなくてですね。一体どうゆう事なのか頭を抱えました。

おそらく溜め込みです。

その後は 特に大きな反応も出ないまま経過しますが

今掲載している 北海道~東北の本命の反応が出始めたのが二年前。ずっと続いています。

どう見ても異常です。

これは個人的には北海道~東北M8クラスの巨大余震ではないかと想定しています。

いつも本命、本命、言ってるのは この事です。これは

パソコン1号、パソコン3号ともにずっと反応継続中です。

スポンサーリンク



たまに

個別で 釧路網走だったり、今みたいに岩手、福島会津だったりのお知らせがあるので

注意出して地震来たりはしますが 大きく見ると全く解消はしていません。

いつになるか分かりませんが いづれは静寂スタンバイするはずです。

その時には 北海道~東北の間でM8警戒になります。

震源地はどこであってもM8クラスなので広範囲に破壊現象がおきます。

釧路、浦河、青森~福島は震度6クラスにはなる可能性があります。

津波も発生するでしょう。いかに生き残るかが

最重要課題となります。

 

もう1つ。

三陸沖。のさらに沖。一般的にはアウターライズ地震と言います。

 

日本海溝の更に東側。

陸側から遠く離れた場所でおこる地震をアウターライズ地震と呼びます。

こーゆー遠方でM8クラスが発生すると どうなるかと言うと

陸地から遠方なので 陸地の震度が弱いんですね。

想定震度3~4くらいです。 この揺れで大地震を想像しますか?しませんよね。

ただ揺れは弱くても 津波は来ます

揺れが弱かった為に油断していた所に津波が来ます。

壊滅的被害が出ます。

緊急地震速報もありますし、テレビの情報もあるので 分かる可能性はありますが

仮に情報網がなかった場合の判断方法なんですが

揺れる時間で判断してください。

地震はエネルギーが高ければ高いほど 広範囲に破壊現象がおこるので

M5の 震度4と

M8の 震度4では 揺れるながさが全く違います

M5だと数秒~10秒以内ですが

M8クラスになれば数分揺れます。東日本大震災の時もそうでしたよね。

この揺れの長さを判断基準にすれば 大抵のマグニチュードは分かります。

是非 意識しておいてください。

自分を守るのは 自分だけです。

防災シミュレーションの中に揺れの長さも考慮して是非 シミュレーションしてみてください。

いづれにせよ 北海道~東北の地震については常に監視しています。

何かあれば すぐお知らせします。

スポンサーリンク



Follow me!

プロフィール

無題hinode

管理人のグラグラです。3.11東日本大震災の後、何か自分に出来る事はないのか。。。の思いで地震予知ブログを立ち上げました。ライブドアブログで立ち上げ2016/06/07にこちらに移転しました。ここでは地震予測はもちろん防災の大切さをお伝えしたいと思います。災害に備えて大事な存在を守って下さい。そしてそのお手伝いをさせてください。よろしくお願いいたします。

Twitter でフォロー

カテゴリー