グラグラの地震予知研究所

地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。そのお手伝いをさせてください。

地震予知 2019年の国内状況

time 2019/03/06

地震予知 2019年の国内状況

こちらもリクエストがありましたので

書きますね。

今の国内状況は ハッキリ言って非常に悪いです。

まず基本的な事なのですが

初めて地震予知を見る方は、日本のあちこちで注意!ってなってるから

それだけ注意だせば どこか地震くるよね?って思うはずです。

スポンサーリンク



昔から 見てくれてる方々や 地震予知やってる方は ご存知かと思いますが

基本的に

年間通して 震源地が1つしか無いって事は無いです。

僕は北海道~沖縄まで全国やってます。地域別の電磁波は200個近くあり、毎日観測しています。

この状況で震源地を観測していて

震源地が1つしか無い。もしくは今は無い。って事は無いんですね。それが前提です。

しかし

今は多すぎます。

 

昔、東日本震災後は活性化していましたが、ここまで 各地反応して 震源地の可能性がある事ってのは無いんです。

だって

今は

北海道、東北、関東、東海、中部、北陸、中国、近畿、四国、九州

これ全部ですよね。こんな事は初めてです。

今 危険を感じているのは

 

北海道~関東までの一円の合同地震。

東海~四国までの東海南海大連動です。

 

あとの近畿、北陸、中国は、個別の可能性が高いです。

長野岐阜などの中部は 個別の可能性もあるし北陸一帯、日本海の地震の可能性もあり、ここは断定できません。

 

スポンサーリンク



北海道~関東に至っては

合同と申しましても

あくまで想定ですが

確率として高いのは、北海道~東北など一円の三陸や北海道南東部でのM8クラスの地震。津波クラスです。

関東は合同というより、北関東、南関東と連動しているので

千葉沖、関東東方沖、または首都直下などのM7クラスの地震。

東海~南海はご存知の通りM9クラスの地震です。津波クラス。

この1つでも地震発生したら震災クラスの震源地が

現時点で全て点灯しています。

 

なので

今は異常な環境と申しているのです。

理論的には 関東沖には相模トラフがあるので

北海道~南海までの 連動なんかは ありえないと言われていますし、別個として考えるのが妥当です。

そうですね。こうなったのは

二年?一年半? くらい前からですかね。

こんな環境は初めてなので どうなるかはよく分かりませんが

分からない時は目先に集中するべきなので

目の前のデータがスタンバイしたら皆様にお知らせする形になります。

 

皆様は 防災シミュレーションですね。これは必ずしてください。

地震は来ます。

残念ながら 来ないように願っても必ず来ます。

なら 来てもいいように用意する事が大事ですし、その為に定期的に防災記事などを更新しています。

各地の環境や各々の状況。地震の場所、津波の有無、時間、季節

無限の可能性があるので

どのケースで地震が来てもいいように 防災シミュレーションだけはしていてください

必ず役に立ちます。

また 何かしら環境の変化があればお知らせしますね。

スポンサーリンク



Follow me!

プロフィール

無題hinode

管理人のグラグラです。3.11東日本大震災の後、何か自分に出来る事はないのか。。。の思いで地震予知ブログを立ち上げました。ライブドアブログで立ち上げ2016/06/07にこちらに移転しました。ここでは地震予測はもちろん防災の大切さをお伝えしたいと思います。災害に備えて大事な存在を守って下さい。そしてそのお手伝いをさせてください。よろしくお願いいたします。

Twitter でフォロー

カテゴリー