グラグラの地震予知研究所

地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。そのお手伝いをさせてください。

地震予知 四国沖スロースリップ 国内各地の反応とスタンバイ連絡です

time 2018/09/14

地震予知 四国沖スロースリップ 国内各地の反応とスタンバイ連絡です

上記は日本各地の地域別反応と地域別スタンバイを記載しています。各地地域別反応。警戒地域。各地詳細説明と順次記載しています。 地震予知情報はリアルタイムな情報が重要です。今は大丈夫でも明日には「大地震警戒」となる世界です。 宜しければご確認ください。

スポンサーリンク



※※※防災メモ※※※

防災シミュレーションは実践し練習してこそ意味があります。 災害時の避難を「車の運転」に例えてみます。

防災意識が無く 日々備えてない人はハンドル、アクセル、ブレーキの知識もないまま本番でいきなり運転をする事になります。もちろん事故を起こす確率は非常に高いです。。。 防災シミュレーションとは道路交通法、ハンドル、アクセル、ブレーキなどの基礎知識を学び運転をシミュレーションする事です。

いざ災害時、運転をした時、どちらが事故に合う確率が低いかは誰でも分かると思います。防災シミュレーションとは、そう言う事です。ぜひ防災シミュレーションを活用してみてください。皆様の安全を常に願っています。

【各地地域別反応】

●パソコン1号

愛知、茨城栃木、岐阜、宮城、三重、埼玉、千葉、東京、山形、青森、長野、和歌山

●パソコン2号 (故障)

●パソコン3号
茨城栃木、岐阜、宮城、三重、山形秋田、神奈川、東京、千葉、長野、青森、和歌山、北海道

【反応静寂地域・地震発生しやすい地域】

●M5クラス

北海道東部、広島周辺、岩手周辺

●M6クラス

奄美大島、四国一円、九州

●M7~クラス

兵庫~京都(大阪M6発生ずみ)

関東一円(千葉M6発生ずみ)、琵琶湖

【メモ】

────────────────
※※※【連絡】※※※

大地震が発生し、当ブログにアクセスが集中した場合、一時的に閲覧不能になります。そうならないようにサーバーの容量が多い設定にはしてありますが、それすら溢れるくらいのアクセスが集中すればサーバーダウンし閲覧不能になります。

その場合も想定し、情報が見れない事の想定も含め、「国内の環境、国内シグナル、各地スタンバイ地域」は必ず覚えておいてください。宜しくお願いいたします。

サーバーダウン時の予備対策として「グラグラの地震予知 livedoor」「Twitter」などで対策します。平時は、こちらのブログでの更新になります。宜しくお願いします。

☆☆☆国内シグナルについて☆☆☆

国内シグナルと、地域別のスタンバイは連動していません。
地域別でスタンバイしていても国内シグナルがスタンバイしていないと地震発生しない事が多いです。国内のM5~の地震のほとんどが「国内シグナルスタンバイ」の時に発生しています。

地域別スタンバイがでれば一応報告はしますが国内シグナルがスタンバイしていないと国内全体の地震発生確率が低い為、地震発生しない事も多いです。

その点だけご了承ください。

●●●最近の状況●●●

皆さんこんばんは(^-^)

基本的にデータは静寂すればスタンバイになり注意になりますが

ここ最近は パソコン1号は反応していて3号はスタンバイなどの微妙な状態が目立ちます。

完全にスタンバイではないのですが、ある程度強い震源地なので無視も出来ず 注意まではいかなくて気配としています。

その点、ややこいのですが データ変化がな限りは、あくまで気配の枠組みで報告させて頂きます。

注意ほどの切迫感はないが、地震発生するかもしれない気配という雰囲気で読んで頂けたらと思います。

 

 

【全体的に見て】

スポンサーリンク



●国内警戒モード

M7超の可能性もある環境下となっています。何も無い事を願いますが

北海道や四国など予測が大きい場所は特にご注意ください。

関東や東海、関西などは情報やスタンバイなどの変化にご注意ください。

 

 

●北海道~東北(M8震度7地域あり。随時情報更新)

北海道東部の赤い反応は継続中。

釧路網走に特に反応、変化はなく 1号釧路のみスタンバイ継続中となっています。

胆振~釧路はまだ強い地震に警戒してください。だんだんと本震の可能性は弱まっていきます。

データ的には本震の可能性は少ないですが こーゆー時は最悪を想定し備える事が最重要課題となります。

 

岩手はスタンバイ継続中。今週いっぱいまで岩手中規模注意とします。

 

福島は軽く揺れてますが いわき、会津には特にデータ変化はありません。

その他の北海道~東北は反応継続中です。特に変化はありません。

 

 

●関東(震度6強~7地域あり。随時情報更新)

茨城で軽くきてますが

データ的には北関東、南関東は活性化継続中です。

とりあえずはスタンバイ待機となっています。

 

 

●関西(震度6強クラス震源地あり。随時情報更新)

兵庫、京都 スタンバイしています。

兵庫~京都M5~M6注意となっています。

 

 

●三重(震度6~7クラス震源地あり 随時情報更新)

反応継続中です。スタンバイ待機となっています。

 

 

●岐阜長野(震度6クラス震源地あり 随時情報更新)

反応継続中です。スタンバイ待機となっています。

 

 

●佐渡

スタンバイ継続中です。

佐渡周辺M5~M6注意となっています。

 

 

●広島

広島、鳥取とスタンバイ継続中です。

広島周辺M5~M6注意となっています。

 

 

●四国~奄美大島

0810四国沖スロースリップ

 

気象庁より

スロースリップが発生しています。

発表されたのは最近ですがスロースリップ発生は8月10日です。

四国~奄美大島がスタンバイしてからの発生です。

3月にもスロースリップ発生しています。

 

四国のM7反応が現れたのはスロースリップから3日後。無関係とはいえません。

今ずっとスタンバイしている四国~奄美大島の対応には間違いないのですが

問題はこれから先になります。

東日本震災や関東や、スロースリップはその後の地震発生の予兆となる事が少なくありません

つまりは 四国~奄美大島は まだ注意解除にはならず、これからが本番との見方ができます。

M7クラス超になるかM6程度で収まるかまだ分かりませんが

地震発生についていえば 四国~奄美大島は一段階進んだと認識しています。

問題は

南海地震になるかどうかですが、これはデータ的に言えば可能性は高くありません。

なぜなら四国~奄美大島は長期的な広範囲反応していましたが M9クラスに届くほどの反応とは思えなかったからです。

しかし

このM7程度の地震発生がきっかけで 更に大きく動く等考えられますので 防災シミュレーションや備蓄の確認などは必ずやっておいてください。

とりあえずデータ的にはスタンバイ継続中です。

四国~奄美大島M6超注意となります。

スポンサーリンク



Follow me!

プロフィール

無題hinode

管理人のグラグラです。3.11東日本大震災の後、何か自分に出来る事はないのか。。。の思いで地震予知ブログを立ち上げました。ライブドアブログで立ち上げ2016/06/07にこちらに移転しました。ここでは地震予測はもちろん防災の大切さをお伝えしたいと思います。災害に備えて大事な存在を守って下さい。そしてそのお手伝いをさせてください。よろしくお願いいたします。

Twitter でフォロー

カテゴリー