グラグラの地震予知研究所

地震予知が可能な事を知っていますか?ここでは地震予知情報を発信しています。防災意識を持ち災害を向かい打ちましょう。そのお手伝いをさせてください。

地震予知 予測 国内各地の報告

time 2017/08/24

地震予知 予測 国内各地の報告

​​​​​​​​​​​​​​上記は日本各地の地域別反応と地域別スタンバイを記載しています。各地地域別反応。警戒地域。各地詳細説明と順次記載しています。 地震予知情報はリアルタイムな情報が重要です。今は大丈夫でも明日には「大地震警戒」となる世界です。 宜しければご確認ください。

スポンサーリンク



※※※防災メモ※※※

防災シミュレーションは実践し練習してこそ意味があります。 災害時の避難を「車の運転」に例えてみます。

防災意識が無く 日々備えてない人はハンドル、アクセル、ブレーキの知識もないまま本番でいきなり運転をする事になります。もちろん事故を起こす確率は非常に高いです。。。 防災シミュレーションとは道路交通法、ハンドル、アクセル、ブレーキなどの基礎知識を学び運転をシミュレーションする事です。

いざ災害時、運転をした時、どちらが事故に合う確率が低いかは誰でも分かると思います。防災シミュレーションとは、そう言う事です。ぜひ防災シミュレーションを活用してみてください。皆様の安全を常に願っています。

 

【各地地域別反応】

●パソコン1号
●パソコン2号
●パソコン3号(北海道、東北、関東の専用)

 

 

【反応静寂地域・地震発生しやすい地域】

●M5クラス

九州南部、沖縄~奄美大島、広島周辺

●M6クラス

兵庫周辺

●M7~クラス

関東一円(反応継続中)、琵琶湖

 

 

【サブデータ】

●0824東北周辺M7警戒→1122福島沖M7.3→0401東北地域に強い反応

●1003北関東M5~M6超→1218スタンバイですが弱再発も繰り返しています→1228茨城北部M6.3

●1105九州北部M7警戒(阿蘇山反応継続中)→0211阿蘇山スタンバイ?

●0107中国地方に大型データ→0110スタンバイ→0116若干反応

●0107南関東に大型データ→0128継続中

●0410東北のM6反応が静寂傾向

●0422北関東に中規模反応→0425スタンバイ

●0502サブデータシグナル。国内中規模警戒→0503強い波形。国内大規模(気配)→0607スタンバイ傾向→0608大規模シグナル

●0705北海道に中規模反応

──────────────────

【メモ】

●北海道~東北 ●関東一円 ●琵琶湖、佐渡付近 ●和歌山~愛知 ●広島~鳥取 ●九州北部 ●兵庫~京都 ●琵琶湖周辺

※パソコン2号 データ設定前の観測環境

●0620豊後水道M5.0(震度5強)
────────────────

スポンサーリンク



※※※【連絡】※※※

大地震が発生し、当ブログにアクセスが集中した場合、一時的に閲覧不能になります。そうならないようにサーバーの容量が多い設定にはしてありますが、それすら溢れるくらいのアクセスが集中すればサーバーダウンし閲覧不能になります。

その場合も想定し、情報が見れない事の想定も含め、「国内の環境、国内シグナル、各地スタンバイ地域」は必ず覚えておいてください。宜しくお願いいたします。

サーバーダウン時の予備対策として「グラグラの地震予知 livedoor」「Twitter」などで対策します。平時は、こちらのブログでの更新になります。宜しくお願いします。

 

 

【全体的に見て】

●九州

鹿児島震度4。

九州南部の中規模予測に対応する地震です。

久々に震度4なのですがマグニチュードはM4.5です。

鹿児島、宮崎の反応がスタンバイしていたので中規模注意でしたが この地震はエネルギーとしては小さく、どうやら解消にはならないようです。

 

引き続きM5~M6程度の地震発生のスタンバイとなります。

 

●関東

南伊豆が単発反応。強くなるか様子見します。

 

●全欠損

本日も単発ながら全欠損です。  地域別詳細は全欠損が終了してから記載しますね。。

とりあえず静寂傾向です。

スタンバイしたら国内警戒カウントになります。

またお知らせしますね。

スポンサーリンク



Follow me!

プロフィール

無題hinode

管理人のグラグラです。3.11東日本大震災の後、何か自分に出来る事はないのか。。。の思いで地震予知ブログを立ち上げました。ライブドアブログで立ち上げ2016/06/07にこちらに移転しました。ここでは地震予測はもちろん防災の大切さをお伝えしたいと思います。災害に備えて大事な存在を守って下さい。そしてそのお手伝いをさせてください。よろしくお願いいたします。

Twitter でフォロー

カテゴリー